当院へのお問い合わせは 052-802-3311
天白宮田クリニック
メニュー

消化器内科(胃カメラ・大腸カメラ・大腸CT検査・日帰り大腸ポリープ切除)|診療案内|天白宮田クリニック

診療時間/午前9:00-12:00 午後16:30-19:00
休診日/木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

当院へのお問い合わせは 052-802-3311

SERVICE診療案内

消化器内科Gastroenterological medicine

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓など、消化器領域の病気の診断と治療を行っております。また、必要に応じてCT検査、腹部超音波(エコー)検査、消化管内視鏡検査(胃・大腸)、X線透視検査など、各種検査も可能です。おなかに関するお困りことがございましたら、まずはご相談ください。

 消化器内科で扱う主な疾患 

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • ヘリコバクター・ピロリ菌の感染症
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 慢性便秘症
  • 感染性下痢症
  • 過敏性腸症候群
  • 急性胆のう炎
  • 肝臓病(脂肪肝、アルコール性肝障害、ウイルス性肝炎)
  • 膵臓病(慢性膵炎、膵臓がん)
  • 機能性ディスペプシア
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • など

このような症状のある方は、ご相談ください。

  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 食欲が無い
  • 吐き気がする
  • 胸焼けがする
  • 食後、背中が痛くなる
  • 便秘がち
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 体が黄色くなった
  • 急に体重が減った
  • 顔色が悪いと言われる
  • 会社や市町村などの健(検)診で胃腸の再検査を勧められた
  • 胃がんや大腸がんなどの消化器がんが心配
  • など
腸内細菌治療(糞便移植療法)

当院長は、藤田保健衛生大学で腸内細菌の消化管疾患に対する臨床研究「糞便移植療法」に取り組んでいます。糞便移植療法とは、原因不明の腸のトラブルで悩む患者さんに、健康な人の腸内細菌を内視鏡を使って移植する新しい治療法です。正常な腸内細菌が患者さんの腸内フローラに移植されることで、腸内細菌の正常化と症状の改善を促します。

原因不明の腸の不調でお困りの方は、一度ご相談ください。

さらに高度医療や入院が必要と判断された場合には、症状に応じて専門科を判断し、しかるべき医療機関をご紹介をいたします。

消化器内科で扱う主な検査・手術The main inspection and surgery to deal with Gastroenterology

胃カメラ・大腸カメラ(上部/下部 内視鏡検査)

内視鏡を用いて食道・胃・十二指腸・腸内を実際に観察し、潰瘍、炎症、腫瘍、がん、ポリープ、ピロリ菌の検査を行います。現在症状がなくても、過去に胃や大腸の疾患を患ったことがある方、過去にポリープが発見された方、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方は、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。

胃カメラをお薦めする方
  • 上腹部が痛む、胃の不快感がある、胸焼けがする
  • のどまたは胸のつかえ感がある
  • 吐き気、嘔吐、貧血
  • 体重が急に減った
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など
大腸カメラをお薦めする方
  • 血便が出る
  • 便通の異常(便秘、下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 体重が急に減った
  • 検診の便潜血検査で異常を指摘された
  • 腸がん、大腸ポリープを治療したことがある など

 当院の内視鏡検査の特徴 

1.苦痛の少ない内視鏡検査

当院の胃カメラは、内視鏡を「口から挿入する方法」と「鼻から挿入する方法」のどちらかをお選びいただけます。またご希望により鎮静剤による処置も行っておりますので、ご相談ください。

鎮静剤を用いた場合は、影響が少し残るケースもあるため、乗り物または機械類の操作はお控えください。
鎮静剤による処置を希望される方は、公共交通機関をご利用の上、ご来院ください。

2.NBIに対応した
内視鏡ユニットを導入

高画質でより詳細な観察ができ、NBI搭載の内視鏡ユニットを用いて検査を行います。NBIを用いることにより、他の検査では識別の困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化をとらえることができるため、小さなポリープの発見も可能です。

NBIとは
「NBI(Narrow Band Imaging)」とは、青と緑の狭い波長の光を当てることで、通常光では見づらい血管をくっきりと浮き上がらせて診断を容易にします。癌では正常部と比べ毛細血管に異常があることが多く、より早期での発見が可能です。
3.大腸ポリープが
見つかった場合にも対応

大腸の内視鏡検査中、大腸ポリープが見つかった場合には、大きさや数にもよりますが、その場でポリープの切除を行うことが可能です。

4.院内感染予防対策

当院では、皆様に安心して検査を受けていただけるよう、使用後の内視鏡についた付着物を高レベルの消毒液で完全に洗い流し、残った細菌やウイルスもすべて死滅させるための内視鏡洗浄消毒器を導入しております。

 日帰り大腸ポリープの切除 

大腸検査中にポリープが見つかった場合でも、身体への負担の少ない内視鏡を用いた日帰り切除手術も行っております。この手術では、内視鏡から切除専用の器具を用いてポリープを切除するため、患者さんへの負担が少なく、小さいものであれば日帰りによる手術が可能です。

採取したポリープや疑わしい組織の検査結果は、約2週間後に説明となります。

鎮静剤を用いた場合は、影響が少し残るケースもあるため、乗り物または機械類の操作はお控えください。鎮静剤による処置を希望される方は、公共交通機関をご利用の上、ご来院ください。

 大腸CT検査 

大腸CT検査は内視鏡を使わないため、より短時間で、より苦痛が少ない検査を行うことが可能です。大腸CT検査では、炭酸ガスを用いて大腸を拡張させた後、マルチスライスCT装置で撮影し、3D画像でチェックを行います。

メリット
  • 内視鏡検査よりも短時間で、より苦痛の少ない検査ができる
  • 大腸以外の周辺臓器も同時に検査ができる
  • 3D画像であらゆる角度から検査できるため、カメラで見えないところも検査できる
  • など
デメリット
  • X線で撮影するため、検査をお断りする場合もある
  • 見つかりにくいタイプの病変がある
  • 疑わしい場合は、大腸内視鏡検査を行う必要がある
  • など
大腸CT検査をお断りする場合のある方
  • 一部のペースメーカーを付けられている方
  • 植込み型除細動器(ICD)を付けられている方
  • 妊娠中、妊娠の可能性のある方
  • 炎症性の腸炎の疑いのある方
  • ヘルニアを患っている方
  • 最近、バリウム検査や開腹手術を受けられた方
  • 大腸ポリープ切除直後の方
  • など

上記に当てはまる方などにつきましては、誤動作や新生児への影響、正確な診断ができない場合がございますので、場合によっては、検査を断りする場合がございます。可能性のある方は、必ず主治医または検査担当者に申告してください。

ご予約・お問い合わせ

気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

天白宮田クリニック

  • 診療科目
  • 内科、消化器内科、外科
  • 住所
  • 〒468-0008
    愛知県名古屋市天白区一本松二丁目1102番地
  • 電話番号
  • 052-802-3311
受付時間 日・祝
9:00-12:00 /
16:30-19:00 / / /

火曜日は比較的空いており、土曜日はとても混雑しますので、火曜日の受診をおすすめします。

天白宮田クリニック

トップページ医院紹介初めての方へ診療案内内科消化器内科外科医師紹介交通アクセス

生活習慣病診療お尻のトラブルお肌のトラブル腰痛・関節痛がんリスク検査プラセンタにんにく注射禁煙治療検診・健診・予防接種